招待されたときに何かと覚えておくと便利な大宮の法事のマナーですが、服装と持ち物はどういった基準で考えるべきか、三回忌くらいなら、まだ亡くなって日が経っていないので喪服がよいでしょう。
それ以降に関してはスーツやワンピースにして施主よりも軽めの服にならないように注意したいです。

また数珠は意外と忘れてしまうことがあるので確認しておきましょう。参列者の香典の表書きは四十九日法要以降はご仏前で、それ以前ではご霊前前となっています。法事に出席する場合には出席者一人辺り一万から二万円くらいで、夫婦なら二人で二万から三万円くらいをお供えします。

また欠席するなら、ご家族らからの案内に対してできる限り出席する方がいいのですが、止むを得ない場合には、お詫びと共に、お香典やお供えを贈るようにしておきましょう。欠席した場合のお香典ですが、お金なら五千円から一万円辺りで、お菓子なら特に決まりはありませんが長持ちする物を選ぶようにした方がいいです。

また招待が来なかったとしても気持ちを伝えることは大事です。お香典や、お供えを贈るだけでも気持ちが伝わり、故人とのエピソードを書き添えると喜ばれると思います。

法事

都会と地方とでは法事の行い方が違います

さまざまな場面で冠婚葬祭の集まりがありますが、そのうちの法事というのは、地域ごとの特色が強く現れるものとして知られています。都会で行われている法事と、地方で行われている法事とでは、大きく異なっている場合が多いのです。そのため、都会から地方に移り住むようになった人は、気をつけなければなりません。

昔ほどではないにせよ、現代でも地方に住んでいる人々は、地域のつながりを非常に重視しています。法事などを行う際も、気軽な気持ちで集まることはできないのです。しっかりと事前の準備を整えてから法事に臨むのが基本となります。

法事に参加する人の範囲についても、地域ごとに違いがあります。呼ぶべき人を呼ばなかったとなると、後で大きな問題・トラブルになってしまいます。誰を呼ぶのかという点について、あらかじめ関係者の間で話し合いをしておかなければなりません。

さまざまな準備を整えた上で、定められた流れに従って行うのが法事の原則です。分かりにくい部分については、地域の事情に詳しい人に相談して、不備のないようにする必要があります。

業界を変えるキャバクラのボーイの求人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>